競輪選手を 目指す中学生 宝田 幸太朗くん 競輪選手を 目指す中学生 宝田 幸太朗くん

■ 宝田 幸太朗 [たからだ・こうたろう]

2003年生まれの中学生。千葉市若葉区在住。中学校では卓球部に所属。 以前まではずっと野球をしていたが、小学5年生のときに父に自転車を勧められ、自転車の魅力に気づく。 千葉競輪所属の伊勢崎選手が好きで、高校を卒業したら、競輪学校に入って競輪選手になりたいという夢を追いかけている。

将来の夢は、プロの競輪選手になること

インタビューでの質問に、芯の通った回答を返してくださった宝田くん。宝田くんは、中学生でありながらも、千葉サイクルクラブで大人たちと練習メニューをこなしていました。そんな宝田くんは、将来はプロの競輪選手になることが夢なんだそうです。どんなきっかけで自転車を始めたのか、今後は自転車と向き合っていくのか、彼の希望に満ちた将来の夢の話を聞いてみました。

自転車を始めたきっかけは、父親が勧めてくれたから

「父親に自転車を勧められて、この千葉サイクルクラブに来ました。最初に練習しに来た時、プロの競輪選手がとても優しく教えてくれたのがとても印象的で、その姿を見て『競輪選手っていいな』って思いました。父親は、僕に野球をやらせたいと思っていたみたいなんですけど、僕は足が遅くて(笑)。それで、自転車を勧められて、実際に乗ってみたらうまく乗れたというのもあって、今も自転車をやっています。 千葉競輪の伊勢崎選手がとても好きで、尊敬しています。一定の距離を保って走っている・ペースを落とさない・途中でめげないという姿勢が凄いな、って思います。ほかにも好きな選手がいっぱいいるんですけど、例を挙げると千葉競輪の中村選手も大好きです」 宝田くんが自転車に乗ってみたいと思うようになったのは、小学校5年生の時だそう。そこから数年間、自転車にのめり込み、千葉競輪場で練習するに至りました。そんな宝田くん、体格差のある大人に交じりながらも、大人顔負けの力強い走りを見せてくれました。宝田くんは、今後、自転車とどんな付き合い方をしていくのでしょうか? 宝田くんの将来の夢について聞いてみました。
自転車を始めたきっかけは、父親が勧めてくれたから 自転車を始めたきっかけは、父親が勧めてくれたから

高校を卒業したら、競輪学校に入学したい

「僕は今中学生で、学校では卓球部に所属しています。最近は卓球部の活動が忙しくて自転車の練習ができていないんですけど…。でもやっぱり自転車が好きなので、中学を卒業したら、自転車競技部のある高校、自転車競技に強い学校に進学して、自転車にもっと集中したいな、って考えています。そして、高校を卒業したら、プロの競輪選手になるために、競輪学校に入学したいなと思っています。なので、高校生になった時くらいまでには、競輪学校の実力テストに受かるくらいにたくさん練習して、実力を伸ばしていきたいです」 学業に部活、自転車競技に練習に。中学生でありながらも、自転車への情熱から、宝田くんの将来の夢に対する強い思いが伺えます。将来、新たなスター選手が千葉競輪場から生まれるかもしれませんね。今から宝田くんの今後の飛躍に期待です。千葉競輪場を利用した、千葉サイクルクラブでの活動は、子どもから大人までが、自転車を通じて、その楽しさを知ることができます。様々な年代の人が、実際に自転車に乗って、一緒に練習をして、自転車の楽しさを共有していけるのは、とても素晴らしいことですね。
高校を卒業したら、競輪学校に入学したい 高校を卒業したら、競輪学校に入学したい

中学生である今の時期に、実際にバンクを走れるのはとっても貴重

「最近は1週間に1、2回くらい練習しに千葉競輪場に来ています。千葉サイクルクラブで様々な年代の人と触れ合いながら練習できるのはとっても楽しいです。色んな話ができるし、みんな優しく教えてくれるのがいいですね。あとは、バンクを実際に走ることができるのが一番の魅力で、実際にプロの選手が教えに来てくれることも、自分の実力を伸ばすことに繋がっています。 家にもローラーがあって、それを使って練習もするんですけど、実際にバンクを走るのが一番いいですね。中学生の時期からバンクを走れるのは本当に珍しくて、僕の学校だと3学年合わせても僕以外は誰もいないと思います。とても貴重な時期に、実際にプロの選手が走っているバンクを走ることができているので、今の時期から色んなことを学んで、自分の中にどんどん吸収していきたいです」 自分の将来の夢のために邁進する宝田くんの姿は、とてもキラキラしていました。千葉競輪場が子どもたちの夢を応援する、そんな役回りになれたならとても素敵なことだと思いませんか? 自転車に乗る楽しさ、奥深さを多くの子ども達に知ってもらうための活動やイベントなどを行っていくことも、非常に面白いのではないかと思いました。そんな活動の筆頭として、いつか宝田くんがプロ選手として今度は千葉サイクルクラブにいる子ども達に自転車の楽しさを教えていくことになれば、とっても素敵ですね。

How do you use Chiba Keirin? 千葉競輪場をどうやって使いましたか?